ヘソ日記

盲目犬の補助具・ドッグバンパーのモデル犬へそごはん ライ麦のガレット

へそごはんイメージが自Yライ麦のガレット

へそごはん

ライ麦粉が残っていたので朝ごはんにガレットを焼きました。

ガレットとは…

ガレットはフランスのブルターニュ地方のそば粉を薄く焼いた料理です。

ガレットの意味は「円く焼いた料理」を意味しますが、クレープと異なり片面だけを焼いてチーズやハムで土手を作り中に卵を落として焼くものが有名です。

愛犬も一緒に

うちの愛息はいつも私たちと同じ食事ですが、さすがに大きいので彼用のサイズで焼きました。

キッチンで焼いている時から彼はワクワク。

自分用も作ってもらっているのがわかるのね。

へそのガレットイメージ画像

ガレットのレシピ

材料

(25cm 5~6枚)

ライ麦粉(または全粒粉)250g

水300cc

塩 小1/4

作り方

生地を寝かした方がなめらかになるので、前日の夜仕込むか最低1時間はおく。

  1. 粉と水と塩をボールに入れてなめらかになるまでホイッパーでまぜる
  2. ねかせた生地が重たいときは牛乳や水を加えて、お玉ですくいさらっと落ちる柔らかさにする
  3. うすく油を引いたフライパンにお玉1杯分をうすく伸ばす
  4. チーズとハムで土手をつくり真ん中に卵を落とす
  5. 生地のまわりが乾燥して色づいたら四方向に折り目をつける
  6. 卵の焼き加減がお好みになれば出来上がり

とても美味しく…へそもペロッとたいらげました(笑)

-ヘソ日記
-

© 2017 AtomicWorks合同会社