突然の異変...どうしたヘソ!

ヘソの異変ヘッダー画像

葉山で目の見えない犬グッズ、ドッグバンパーを製作してますAtomicWorksです。

ドッグバンパーのモデル犬を担当しています愛犬ヘソ。
年号が令和に変わる少し前、寝ているとき震えがでるという異変がはじまりました。

どこか身体に不調があるかと思い血液検査を受けるも、少々甲状腺ホルモンの値が低かったけれど特に異常なし。
そのうち散歩中、転ぶようになりとうとう腰が立たなくなってしまいました。

2019年4月6日の森戸大明神畜霊社「ペット健康長寿祈願例祭」のときはあんなに元気だったのに?
どうしたんだヘソ...!

次回に続く

Follow me!

画像をアップロード

病気、ケガで視力を失うと

病気・老化、ケガなどで視力を失った犬のリスクは次の通りです。
● 頭部の外傷
● 散歩が減る事による体力・筋力の低下
● ストレスの蓄積
障害物に衝突し痛い思いを繰り返すと寝てばかりになってしまいます。※寝たきりにならない為にドッグバンパーをお試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)