製品情報

開発物語、僕がドッグバンパーを作ったワケ(1)

読了時間:2分9秒

ペットクッションにすっぽりとハマったフォーンのパグの画像

盲目犬補助グッズを作った理由

愛犬に早く作ってあげてれば良かったと言う後悔がきっかけでした。

当記事は、ドッグバンパーを何故作ろうと思ったかの物語。

盲目犬補助具で何とかしてあげたかった

愛犬のために何とかしてあげたかった

ボクは以前、3匹のパグ犬と暮らしていました。

パグは目のケガが多い犬種

パグはマズルの無い短頭種です。

目が飛び出しているため、3匹とも数回、角膜潰瘍になりました。

クー ♀ (2002年8月ー2017年7月)は、何度も角膜潰瘍を繰り返したため、晩年はほとんど視力がありませんでした。

3匹の中でも活動的だった彼女は、見えなくても勢いよく壁にぶつかっては悲しそうな悲鳴をあげ、とてもかわいそうでした。

製品情報
白いボディーと黄色いベルトのドッグバンパー初期モデルアイキャッチ画像
おすすめするドッグバンパーとはどんなもの?製品情報を見る

盲目犬補助グッズの製品情報 こちらのページは、ドッグバンパーについて製品情報目次です。 盲目犬補助グッズの特徴 愛犬の身体に合わせた完全オーダーメイド バックルを止めるだけ簡単に装着できる! 軽さにこ ...

続きを見る

クーを動かない子にしてしまった

寝ているフォーンのパグ画像

痛い思いを繰り返すことですっかり動かない子になってしまいました。

「また元気に大好きなお散歩を楽しませたい!」

「走らせたい!」

「何とかしてあげたい!」

と思いたましたが、ボクは忙しさを理由に何もしてあげられませんでした。

盲目犬補助グッズを作れなかった後悔

その後彼女は、急逝してしまいました。

原因は、脳梗塞か心筋梗塞だと思います。

開発を生業としているのに愛する子の為に守ってあげられる何かを

「早く作ってあげてれば、もっと長生きできたのでは?」

という後悔の気持ちを今でも忘れません。

盲目犬補助グッズを作った理由(まとめ)

ボクがドッグバンパーを作った理由は、愛犬クーに彼女を守るための何かを早く作ってあげてれば良かったと言う後悔がきっかけでした。

作ったワケNEXT2


ドッグバンパーの情報を見るには製品情報ボタンをタップして下さい。

製品情報


ホームページに戻るにはHOME PAGEボタンをタップして下さい。

HOME PAGE

ご注文の場合、採寸予約をお願いします。

採寸予約

ご質問又はご相談がある場合はフォームよりお気軽にお問合せ下さい。

    -製品情報

    © 2017 AtomicWorks合同会社

    ご注文の場合、採寸予約をお願いします。
    採寸予約
    ご注文の場合、採寸予約をお願いします。
    採寸予約