楽しく暮らしていく為に前向きに考えることも大事です。byマシュちゃん

トイプードル マシュちゃんの場合

ドッグバンパーを使ってみての変化

バンパーのおかげで何かにぶつかってキャンって泣くこともなくなり、お散歩が好きなのでお外でも楽しんでいます。

ドッグバンパーに出会う前の様子

少しずつ家の家具や壁にぶつかるようになってきていました

ご感想・まだ使ったことが無い視力を失った子へのメッセージ

正直、我が家でも病気が判明した時は悲しさしかなかったですが、ドックバンパーのように、わんちゃんに負担にならないツールもあります。悲しんで終わるのではなく、これから楽しく暮らしていくために家族でどうしようか前向きに考えていくことが大事だと思います。

ワンちゃんの情報

1.お名前:Massuちゃん

2.犬種:トイプードル

3.年齢: 9歳

4.失明の経緯、病名: 先天性網膜萎縮

千葉県

Follow me!

画像をアップロード

病気、ケガで視力を失うと

病気・老化、ケガなどで視力を失った犬のリスクは次の通りです。
● 頭部の外傷
● 散歩が減る事による体力・筋力の低下
● ストレスの蓄積
障害物に衝突し痛い思いを繰り返すと寝てばかりになってしまいます。※寝たきりにならない為にドッグバンパーをお試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)