眼病予防

視力を失わないために眼病予防、抗酸化物質を積極的に与えましょう!

緑黄色野菜イメージ画像犬の眼病予防について

高齢化にともない増えています犬の眼病予防について…

この記事では抗酸化物質を多く含む食品についてお伝えします。

予防方法

抗酸化物質を積極的に与えましょう

犬の眼病発生原因は、はっきり究明されていません。
しかし、活性酸素が身体の細胞にダメージを与え酸化による老化が原因とも言われています。
そこで抗酸化物質を多く含む食材を積極的に与えましょう。

抗酸化作用の高い食材

βカロチン

野菜などに含まれる色素の一つで、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは目の神経伝達物質として欠かせないものです。野菜のほかレバーやカツオ、マグロにも含まれており、脂溶性のためオリーブオイルなどと一緒に与えると効果的です。
シソ、ニンジン、カボチャ、ほうれん草
などに多く含まれます。

ビタミンC

犬は自分の体内でビタミンCを合成できるので与える必要が無いともいわれていますが、薬の服用、老化によって合成能力が低下してしまいます。
パプリカ、ブロッコリー、ケール、いちご、キウイフルーツ
などに多く含まれます。

ビタミンE

強力な抗酸化作用があり活性酸素によるダメージを除去するビタミンです。
オリーブオイルなど植物油、ごま、くるみ
などに多く含まれます。
アボカドにもビタミンEは多く含まれるのですが(真意のほどが明らかではありません)中毒を起こすとの意見もありますので食べさせない方が安心でしょう。

ポリフェノール

植物の苦味、渋味、色素の成分。赤ワインやチョコレート、ココア、ぶどうなどに多く含まれていることから与えてはいけないイメージがありますが、ブルーベリーやなすなど大丈夫な食品もあります。
ブルーベリー、なす、ゴボウなど

アスタキサンチン

魚介類の色素に含まれる天然成分。眼精疲労の回復や、眼病予防に有効とされています。
サケ、キンメダイ
など赤い色の魚介類に多く含まれます。

与える時の注意点

野菜などは犬にとって消化しにくい食べ物です。
与え方は野菜により変わりますが、ゆでたり、炒めたり、すりおろしたり食べやすい様、加熱やカットすることをおすすめします。
アレルギーのある犬もいるので少量からスタートしましょうね。

-眼病予防

© 2017 AtomicWorks合同会社