今日のワンコ

盲目犬の補助具、ドッグバンパーの来社採寸:ビジョンフリーゼの十六(トロ)ちゃん!

本日採寸にお越しのワンコ

来社採寸:ビジョンフリーゼの十六(トロ)ちゃんイメージ画像

LINEでのお問合せ

県内在住のビジョンフリーゼちゃん

LINEでお問合せがありました。

まだ見えてるので作成した方が良いでしょうか

「まだ完全に見えなくなったわけではないですが…散歩も嫌がるようになり、室内でもものにぶつかるようになりました。」

「このような状態でも作成した方が良いのでしょうか?」

との連絡がありました。

ユーザー犬の多くは、完全に失明していません。「まだ見えているうちにトレーニングをはじめて完全に見えなくなったときに備えたい!」とおっしゃる飼い主さまが多いです。詳しくは まだ少しは見えているのですが使って大丈夫でしょうか? を参照下さい。

他にもこんな質問が…

「後ろ足の股関節も少し悪いのですがイージーでも大丈夫でしょうか?」

「ビジョンフリーゼには、イージーとスタンダードどちらが、より良いでしょうか?違いを教えて下さい」

とのお問合せでした。

体重が6kg程度で首にヘルニアなど問題がないということでドッグバンパー・イージーをおすすめしました。

ユーザー犬トロちゃんの情報

お名前:

十六(とろ) ちゃん

性 別:

男の子

年 齢:

6歳

性 格:

大人しく慎重!

トロちゃんの飼い主様の話

網膜変性症で視力が低下した十六ちゃん

飼い主さまの話によると…

この一週間で急に視力が低下が進行し、ここのところ室内の角と言う角にぶつかっているそうです。

幸いにも慎重な性格なのでコツっと何かにぶつかると、自らSTOPしてくれるとのことで大事には至ってないとのことでした。

でも、走るのが大好きだった十六ちゃん…

最近減ってしまったけれど、彼がまた走れるようにとの思いでドッグバンパーを作ってあげたいとお父さん、お母さんは思ったそうです。

そんな気持ちに応えられるよう、お役に立てたら良いなと思うAtomicWorks合同会社なのでした。

-今日のワンコ

© 2017 AtomicWorks合同会社