ヘソ日記

盲目犬の補助具・ドッグバンパーモデル犬、へその甲状腺機能低下?!

へその甲状腺機能低下イメージ画像

ドッグバンパーモデルへその元気が無い?

へそのしっぽ下がり

GW直前、朝5時前にへそが居ないのに気が付きリビングへ行ってみると暗い中にへそがたたずんでいました。

呼んでみるも近寄ってこない…しっぽが下がったままでした。

何やら元気が無いので診察開始時間を待って、ノアどうぶつ病院 へ行き診てもらうことにしました。

血液検査結果

ちょうどフィラリアの検査の時期でしたのでセットの健康診断の血液検査をしていただきました。

結果、甲状腺ホルモン値(T4)が正常値を下回っていました。

T4正常値範囲:2.9-1.3 μg/dlのところ0.6を切っていました。

犬の甲状腺機能低下症

症状
  • なんとなく元気がない
  • 毛の状態が悪くなる
  • 震え
  • 歩き方の異常

などがあげられます。

原因

加齢によるものが多いそうです。

治療方法

甲状腺ホルモン剤の投薬を続け再度1か月後に血液検査をします。

へその親として私たちにできること

食事に気を付けたい

今のところ甲状腺ホルモンの数値以外以上はありません。

しかし、甲状腺ホルモンが不足すると、糖質・タンパク質・脂肪のバランスが崩れてしまうとのことで、私たちにできることは栄養に気をつけてあげることです。

代謝が悪くなるので高コレステロール、高中性脂肪血症に注意が必要です。

できるだけ低脂肪で新鮮な肉や魚など良質なタンパク質をこころがけます。

ドッグフードは脂質が多く良質なタンパク質が少ないですが、幸いへその食時は手作りです。上手くコントロールできそうです。詳しくは へその食について、ドッグフードへの不安! を参照下さい。

出来るだけひかえるもの

  • 白菜、ブロッコリーなどアブラナ科の野菜
  • 大量の大豆食品
  • 海藻の成分ヨウ素の過剰摂取
  • レバー

これらの食品は、甲状腺機能を低下させる成分が含まれているためひかえめにした方が良いそうです。できるだけ気を付けていきたいと思います。

-ヘソ日記

© 2017 AtomicWorks合同会社