採寸予約フォームの不具合復旧しました!

愛犬の目が見えなくなった時の3つの助言

愛犬の目が見えなくなった時の3つの助言

犬の目が見えなくなった時イメージ画像

気をつけること3つの助言

ある日突然、愛犬のめが見えなくなったら?
飼い主のあなたは嘆いているかもしれません

そんな時の、飼養しやすく過ごすための
アドバイスをこの記事でお伝えします。

視力喪失で困ること

ぶつかりと段差

酪農大学獣医学部の調査・研究によると
9割の飼い主が「ぶつかり」について困っています。
次に多いのが「段差でつまづく」ことでした。

放置していると

  • 寝ている時間
  • じっとしている時間

の増加につながり
結果、衰え老化が進んでしまいます。

3つの助言

意識的にしている飼い主の行動

衰え老化進行をしないためには
「ぶつかり」、「段差でのつまづき」を
させない、痛い・怖い思いをさせないことです。

調査・研究で飼い主が意識的にしている行動は
大きく次の3つです。

  • 声をかける
  • 家具の配置を変えない
  • 盲目であることを伝える

声かけにより「ぶつかり」を回避・誘導すること
家具の配置を変えないことで「つまづき」を防止しましょう。

また、見えて無いことを他人、他犬との接触時
伝えることが重要と言われています。

目の見えない愛犬に!

CTA-IMAGE エンジニアが獣医師のアドバイスにより開発した目が見えない犬の為のグッズ、ドッグバンパー。犬は、目が見えなくなると行動範囲が狭まり最悪、寝たきりになってしまいます。そうなる前に使ってあげて下さい。先ずは採寸予約を御願いします。

視力を失うとはカテゴリの最新記事