視力を失うとは

愛犬の目が見えなくなった時の3つの助言

犬の目が見えなくなった時イメージ画像

気をつけること3つの助言

ある日突然、愛犬のめが見えなくなったら?
飼い主のあなたは嘆いているかもしれません

そんな時の、飼養しやすく過ごすための
アドバイスをこの記事でお伝えします。

視力喪失で困ること

ぶつかりと段差

酪農大学獣医学部の調査・研究によると
9割の飼い主が「ぶつかり」について困っています。
次に多いのが「段差でつまづく」ことでした。

放置していると

  • 寝ている時間
  • じっとしている時間

の増加につながり
結果、衰え老化が進んでしまいます。

3つの助言

意識的にしている飼い主の行動

衰え老化進行をしないためには
「ぶつかり」、「段差でのつまづき」を
させない、痛い・怖い思いをさせないことです。

調査・研究で飼い主が意識的にしている行動は
大きく次の3つです。

  • 声をかける
  • 家具の配置を変えない
  • 盲目であることを伝える

声かけにより「ぶつかり」を回避・誘導すること
家具の配置を変えないことで「つまづき」を防止しましょう。

また、見えて無いことを他人、他犬との接触時
伝えることが重要と言われています。

-視力を失うとは

© 2017 AtomicWorks合同会社