製品情報

盲目犬 バンパーの作り方 市販の材料を流用するのは難しい

読了時間:1分32秒

抱っこされる白いスムースチワワの画像

盲目犬補助具の作り方

本記事の概要:目の見えない犬 補助具の作り方について関心が高いようですので、簡単に作る方法がないか考えてみました。

盲目犬補助具の代用可能な市販材料

ドッグバンパーのようなグッズの肝は頭の周りを覆うリングです。

市販品で流用できそうなものは無いでしょうか?

探してみました。

  • フラフープ
  • 輪投げの輪
  • たも網の枠
  • プラスチック板
購入方法
ノートパソコンを見るベージュのミニチュアダックス
ドッグバンパーの購入方法についてご説明

盲目犬補助グッズ注文手順 ご注文の流れに従ってオーダーをお願いします。 盲目犬補助グッズ注文の流れ 注文方法については次の通りです。 1.愛犬さまの採寸 採寸について をご参照下さい。本製品の特性上、 ...

続きを見る

フラフープ、輪投げの輪

昭和の頃の物ならそうでもないと思いますが

現在流通している玩具は軽く、肉厚が薄いので

直ぐに壊れてしまいそうです。

使用に耐えません。(断念)

釣り用たも網の枠

釣りの時に使う網ならと思い釣具屋さんへGO!

逆に頑丈過ぎて激しく衝突したとき首を痛めてしまいそうです。(断念)

プラスチックの板

或るサイトにプラスチック板を切り抜き丸めて使う方法が載っていました。

早速、試しに作ってみました。

いい感じにはできるのですが、実際に障害物に干渉させてみると

コシが弱すぎて2kg以下のチワワサイズしか無理そうです。

プラスチック版、干渉させてみたイメージ画像

上の画像は3ミリの板を使っていますがフニャフニャです(断念)

やはり射出成型か3Dプリンターでリングを作るしかないのかも知れません。

盲目犬補助具の作り方(まとめ)

実際にいろんな材料を検討してみましたが

簡単に入手できるもので作るのは無理っぽいですね。

円形のものを作るのはなかなか難しいと思います。

関連記事

製品情報
ケーキのデコレーションアイキャッチ画像
3Dプリンタで生産しているドッグバンパーが意外に高価な理由

読了時間:2分30秒 ドッグバンパーが高価な理由 ドッグバンパーは3Dプリンターで製作 ドッグバンパーの本体は3Dプリンターと言う機械で製作しています。 皆さんは、その機械がどんなものかご存知ですか? ...

続きを見る

他の情報を見るには製品情報ボタンをタップして下さい。

製品情報

ご注文の場合、採寸予約をお願いします。

採寸予約

ご質問又はご相談がある場合はフォームよりお気軽にお問合せ下さい。

    -製品情報

    © 2017 AtomicWorks合同会社

    ご注文の場合、採寸予約をお願いします。
    採寸予約
    ご注文の場合、採寸予約をお願いします。
    採寸予約