ドッグバンパーお買い上げのお客さまに一筆箋プレゼント!

愛犬へそと同行避難訓練!?

愛犬へそと同行避難訓練!?

あえて自宅避難を選択

愛犬へそと同行避難訓練!?イメージ画像

マンションは安全な場合が多い

予想を超える豪雨、続発する台風など…昨今、多い自然災害。

大地震が来たら、ほとんどの人が避難所で生活を送ると言うそうです。

実際、避難所は

  • 雨風がしのげない
  • 次の余震で倒壊の危険性のある建物に住む人

を優先する場所です。堅牢なコンクリート住宅であるマンション住民は自宅で被災生活期を送れます。

弊社、自宅兼事務所はマンションにあるので、自宅避難を選択したい。

同行避難訓練の経験

犬は離れた場所に…

数年前、知人の誘いでペットと同行避難できるからと地域の自治体の避難訓練に参加してみました。

会場の小学校校庭にバリーケンネル(クレート)が十数個設置され、飼い主は数百メートル離れた体育館で…と言う飼い主と愛犬は離れてしまいます。

へそは元捨て犬なので

バリーケンネルの中に入れられるとへそは泣きそうな顔になりました。

弊社のマスコット、愛息へそは元捨て犬でした。2011年の東日本大震災の頃に拾った子です。

今では毎日楽しそうに暮らしていますが、心の奥底にはいつでも「見捨てられ不安」があるのかもしれません。

結局、その日の避難訓練を辞退して連れ帰りました。

私たちの決意

同行避難も離れてしまうことがあり得るので…私たちは避難所へは行かず自宅避難を選択します。

他の災害時の知恵を見る

目の見えない愛犬に!

CTA-IMAGE エンジニアが獣医師のアドバイスにより開発した目が見えない犬の為のグッズ、ドッグバンパー。犬は、目が見えなくなると行動範囲が狭まり最悪、寝たきりになってしまいます。そうなる前に使ってあげて下さい。先ずは採寸予約を御願いします。

災害時の知恵カテゴリの最新記事