お客様の声

ドッグバンパーレビュー:生活の質を向上させてくれる道具と思います

読了時間:2分55秒

エメラルドグリーンと白い水玉のテープでデコったドッグバンパーを着けて立っている白いロングコートチワワ

盲目犬バンパーの製品レビュー

14歳になり光を感じるだけとなってしまったチワワの小太郎ちゃん。

彼は何故ドッグバンパーを使うことになり、そのグッズに出会ってどう変わったのでしょうか?

お客様のドッグバンパー製品レビューをご紹介します。

目の見えない犬を守るグッズを使ってみた変化

ドッグバンパーは思っていた以上に違和感がないようで慣れるのも早く、着けたままリラックスしたり食事や匂い嗅ぎも問題なくできています。

顔をぶつけずに障害物を回避することができるので、慣れない場所やドッグランでも自由に歩けるようになりました。

購入方法
ノートパソコンを見るベージュのミニチュアダックス
ドッグバンパーの購入方法についてご説明

盲目犬補助グッズ注文手順 ご注文の流れに従ってオーダーをお願いします。 盲目犬補助グッズ注文の流れ 注文方法については次の通りです。 1.愛犬さまの採寸 採寸について をご参照下さい。本製品の特性上、 ...

続きを見る

目が見えない犬を補助するガードに出会う前の様子

元々は活発で散歩が大好きでしたが、短期間で見えなくてなった為、外に出るのを怖がるようになりました。

家の中でも寝てばかりで、運動不足や認知症が心配でした。

失明犬ガードを使ってみた感想

まだ使ったことが無い視力を失った子へのメッセージ

目が見えなくなって外に出るのを怖がるようになり、一日中寝てばかりでどんどん生活の質が落ちていくのが可哀想でした。

また以前のように大好きな散歩を楽しめるようにしてあげたいと思い、ドッグバンパーをお願いしました。

使い始めて1ヶ月経ちましたが、ドッグランや散歩を楽しめるようになってきました。

歩くスピードはまだゆっくりですが、日に日に速くなっています。

ビクビクしていた1ヶ月前に比べると少しずつ歩く姿に自信を感じられるようになり、シッポも上がってきました。

これからが益々楽しみです。

ドッグバンパーは、体を守ると同時に愛犬の自信を取り戻し、生活の質を向上させてくれる道具だと思います。

同じように目が不自由になって、怖い思いや痛い思いをしている多くのワンちゃんにも、ぜひドッグバンパーを使ってほしいです。

ワンちゃんの情報

お名前:

小太郎ちゃん

犬種:

チワワ

年齢:

14歳

失明の経緯、病名:

加齢よる白内障が半年ほど前から急速に進行し、現在は全盲(わずかに光を感じる程度)となっています。

オーダーメイドですが、よりフィットするように首周りのクッションを足したり、バンパーに可愛い色柄の防水テープを貼ってカスタマイズしました。(下記カスタマイズ画像です。)

小太郎モデルのカスタマイズ画像

盲目犬バンパーの製品レビュー(まとめ)

顔をぶつけずに障害物を回避することができるので、慣れない場所やドッグランでも自由に歩けるようになりました。

とのことです。

他の子のレビューを見るにはお客様の声ボタンをタップして下さい。

お客様の声

ご注文の場合、採寸予約をお願いします。

採寸予約

ご質問又はご相談がある場合はフォームよりお気軽にお問合せ下さい。

    -お客様の声

    © 2017 AtomicWorks合同会社

    ご注文の場合、採寸予約をお願いします。
    採寸予約
    ご注文の場合、採寸予約をお願いします。
    採寸予約