ニッポン放送のWeb媒体「ペットと一緒に」にドッグバンパーが紹介されました!

視力を失ったら早く使った方が良いと思います by樹里ちゃん

視力を失ったら早く使った方が良いと思います by樹里ちゃん
視力を失ってしまったらなるべく早く使った方が良いと思いますby樹里ちゃん画像

お客様の声(16歳ヨーキーの場合)

16歳と高齢なヨークシャーテリアの樹里ちゃん。
彼は何故?ドッグバンパーを使うことになり、そのグッズに出会ってどう変わったのでしょうか?
お客様からのレビューをご紹介します。

ドッグバンパーを使ってみての変化:

今のところ 大きな変化は見られません。高齢だからかもしれません。ただ壁に直接 頭をぶつける事が無くなったので、目が守られるようになり安心です。

ドッグバンパーに出会う前の様子:

よく狭い所で壁にぶつかっていました。目が傷付き最悪、潰れてしまうのではないか?と心配していました。

ご感想やまだ使ったことが無い視力を失った子へのメッセージ

このグッズを知ったのが、つい最近でした。
今までぶつかって壁を認識していましたが、着装すると壁にぶつかり前へ進めません。
動きが止まってしまうので、本人はイラッとする事が有るみたいです。
私たち飼い主は、
「壁にぶつかってこれ以上目を傷付けてしまうと最悪、目が潰れてしまう恐れが有りますよ。」
と獣医さんに言われていたのでいつも心配していました。
本人はイラっとしても、慣れてもらうしか無いですねー!
年齢が高いので、慣れて貰うのも 根気が必要です。
ですので、もし視力を失ったと分かったら、目を守る為にもなるべく早い時期にドックバンパーを使用した方が良いと思います。

ワンちゃんの情報

犬種

ヨークシャーテリア

お名前:

樹里ちゃん

性別:

男の子

年齢:

16歳

失明の経緯

2017年の暮れ、目が真っ赤になり開けていられない感じでした。
病院に連れて行くと角膜に穴が開きそうになっているとの事。
角膜潰瘍でした。
「高齢で、手術も出来ないので、そのまま経過を見守るしか無い状態です。」
「穴が開いてしまい目が潰れてしまうかもしれないので、覚悟しておいて下さい。」
と言われています。
「おそらく全く見えていない」とも...。

目の見えない愛犬に!

CTA-IMAGE エンジニアが獣医師のアドバイスにより開発した目が見えない犬の為のグッズ、ドッグバンパー。犬は、目が見えなくなると行動範囲が狭まり最悪、寝たきりになってしまいます。そうなる前に使ってあげて下さい。先ずは採寸予約を御願いします。

お客様の声カテゴリの最新記事