お客様の声

寝てばかりでしたがバンパーを着けてから散歩できるようになりました

読了時間:1分14秒

ドッグバンパーを着けたまま水を飲むミニチュアピンシャーミックス

糖尿病で失明したミニピンミックス

クッシング症、心臓の病気、糖尿病が発症するとそのまま入院となり、3~4週間で見えなくなったミニチュアピンシャーミックスのゆずちゃん。

退院し家に戻ってきてから歩くと顔をぶつけるので、だんだん歩かないで寝てばかりいたのが困ったというより心配でした。

盲目犬バンパーに出会ってからの変化

ドッグバンパーを付けてから、お散歩が出来るようになり本当に良かったと思っています。

最初にスポンジを貼ってたんですが、体重がまた少し痩せたのでさらにその上からもう一つのスポンジを貼りました。

とっても良い感じです。

顔をぶつけないとわかった

顔をぶつけないとわかったら、家の中でも突進しながら歩き回ってます。

付ける前より本当に元気になったのがわかります!

ドッグバンパーを着けて家の中を突進しながら歩き回るミニピンミックス

ゆずちゃんのお散歩動画

ユーザー犬ゆずちゃんの情報

お散歩大好きゆずちゃんの情報

名前:

ゆず

性別:

女の子

年齢:

12歳

病名:

糖尿病で失明

糖尿病で失明したミニピンミックス(まとめ)

見えなくなってから寝てばかりでしたが、ドッグバンパーを着けることで本当に元気になりました。

とても良い商品に出会えました。

製品レビューを見るにはお客様の声ボタンをタップして下さい。

お客様の声

ご注文の場合、採寸予約をお願いします。

採寸予約

ご質問又はご相談がある場合はフォームよりお気軽にお問合せ下さい。

    -お客様の声

    © 2017 AtomicWorks合同会社

    ご注文の場合、採寸予約をお願いします。
    採寸予約
    ご注文の場合、採寸予約をお願いします。
    採寸予約