製品情報

開発物語、僕がドッグバンパーを作ったワケ(3)

読了時間:2分57秒

開発の協力者たち

ドッグバンパーを何故作ろうと思ったかの物語の続きの続きです。

当時ボクは犬と暮らしてなかった

当時、ワンちゃんと暮らしていなかったボクはどう評価するか困っていました。

知り合いの獣医師に相談

動物病院イメージ画像

ウチの子達は既に旅立ってしまい、ボクは犬と暮らしていませんでした。

  • 試作品の装着性や着けたままご飯がたべられるか?
  • 水が飲めるか?

など

確認に、動物病院スタッフ犬、SUNちゃんに協力してもらいました。

初期仕様は、既製品のハーネスで装着する構造でした。装着してみるとハーネスで挟むのは難しく時間がかかります。

装着をもっと簡単にするためベルト2個追加。

購入方法
ノートパソコンを見るベージュのミニチュアダックス
ドッグバンパーの購入方法についてご説明

盲目犬補助グッズ注文手順 ご注文の流れに従ってオーダーをお願いします。 盲目犬補助グッズ注文の流れ 注文方法については次の通りです。 1.愛犬さまの採寸 採寸について をご参照下さい。本製品の特性上、 ...

続きを見る

ペット業界の朝会に参加

朝会イメージ画像

月一回開催される、「ペット朝活」に参加。

「ペット朝活」は、ペット好き(業界それぞれの専門家など)が集まり、朝食をとりながら歓談し、それぞれの課題などをシェアする活動しています。

獣医師も数人参加しているのでいろいろ相談させていただきました。

「ドッグバンパー?は盲目の子のテストデータが足りないのでは?」

との指摘があり、モニター募集をすることになりました。

FaceBookでモニター犬を募集

SNSイメージ画像

たくさんの応募をいただきました。

結果、フィードバックから現在の形になりました。

  • 上から被せて装着が簡単になったこと
  • 前部の輪っかの角度が変えられるようになった
  • 多頭飼いや室内家具などの配慮

など

モニター犬の飼い主のご意見・感想が盛り込まれています。

ご協力していただいた、方々、犬達にお礼申し上げます。

ありがとうございました。

協力いただいた方々

こうご動物病院 (http://www.kougo-ah.com/)向後亜希 院長

ペットスペース&アニマルクリニックまりも (http://www.petspace-marimo.com/)箱崎加奈子 院長

アニマルレイキ協会 福井利恵(獣医師)

ご協力いただいた犬達

  • モグちゃん(パグ)
  • そらちゃん(パグ)
  • すみれちゃん(パグ)
  • ウィニーちゃん(キャバリア)
  • ラグナちゃん(ミニピン)
  • 明日香ちゃん(オーストラリアンラフラドゥードル)
  • クッキーちゃん(Mダックス)
  • マシュちゃん(トイプードル)

開発の協力者たち(まとめ)

当時、犬と暮らしていなかったボクは

など評価に協力してもらうのに知り合いの獣医さんに相談し、SNSでモニターを募集

そうして出来上がったドッグバンパーです。

他の情報を見るには製品情報ボタンをタップして下さい。

製品情報


ホームページに戻るにはHOME PAGEボタンをタップして下さい。

HOME PAGE

ご注文の場合、採寸予約をお願いします。

採寸予約

ご質問又はご相談がある場合はフォームよりお気軽にお問合せ下さい。

    -製品情報

    © 2017 AtomicWorks合同会社

    ご注文の場合、採寸予約をお願いします。
    採寸予約
    ご注文の場合、採寸予約をお願いします。
    採寸予約