製品情報

輪っか(リング)の角度調節方法について!?

輪っか(リング)の角度調節方法についてイメージ画像

微調整が必要

ドッグバンパーをお届けし、ご試着するとき必ず微調整をお願いしております。この記事では、先端部の輪っか(リング)の角度についての調整方法について書いています。

ご相談・お問合せ

こんなご相談をいただきます。

「輪っかが目線の辺りにくる感じですか?」

「装着してみたのですがリングが上を向いていてしまいます」

何処を調節すれば良いか教えて下さいとよく訊かれます。

同梱のスポンジの使用

この場合、ベルトを少し緩めます。そしてドッグバンパー出荷時、同梱している粘着テープ付スポンジを背あてに貼り付けて調節します。

傾いたり揺れの調節方法について同梱スポンジイメージ画像

上がりすぎの場合

輪っかを下げる説明画像

下がりすぎの場合

輪っかを上げる説明画像

様子を見ながら場合によっては複数枚貼り付けて調節して下さい。

※スポンジは、カッターナイフやハサミで簡単に切ることができます。

欠かせない微調整

オーダーメイドでも微調整は欠かせません。

目が見えているときは無かった匂いを嗅ぎながら歩くなど、行動の癖(多くの子が視力を失うと匂い嗅ぎにこだわる傾向があります。)や体型の経時変化に対応するには、フィット感を少しの改造で保てるように調整代が必要なのです。長くお使いいただくため弊社では検討しております。

-製品情報

© 2017 AtomicWorks合同会社