修理・改造

盲目犬の補助具、ドッグバンパー製作事例、シーズーちゃんモデル修理の話!?

シーズーちゃんモデルの修理と改造事例

ドッグバンパーシリーズは、壊れてしまったり体形や姿勢が変化しても修理や改造ができます。

この記事は、2021年1月にお作りしたシーズーちゃんモデル修理のお話です。

修理について飼い主様のお問合せ内容

「両側が折れてしまったのですが壊れてしまうものなのですか?」

「修理は可能ですか?」

とのお問合せがありました。
ドッグバンパーはガンガン激しく障害物に何度もぶつかると壊れます。壊れない様に強固に作ることもできますが、私どもはそれをしていません。なぜなら頑丈に作ることて、装着しているワンちゃんがケガをしたら元も子もないからです。

壊れてしまったら修理すると言うスタンスでお作りしております。

ドッグバンパー製作事例、シーズーちゃんモデル修理の話イメージ画像

輪っかが折れ、アームや首部ホルダーも破損しバラバラになっていました。

改造と修理内容

壊れ難くするため金属丸棒を仕込んだ強化タイプに改造。

アーム左右の肉厚変更と再造形と首部ホルダーのリブを追加、再造形して交換しました。再利用できたのはベルトとベルトストッパー、背あてだけでほとんど作り直しでした。

仕上り・修理結果

ドッグバンパー製作事例、シーズーちゃんモデル修理の話仕上がり

シーズーちゃんモデル修理の話まとめ

今回のケースのように壊れてしまっても柔軟に対応しております。

破損などお気軽にご相談下さい。

-修理・改造

© 2017 AtomicWorks合同会社