ドッグバンパーについて考えたこと

割れた卵のイメージ画像

開発過程でドッグバンパーについて考えたこと

葉山で目の見えない犬グッズ、ドッグバンパーを製作してますAtomicWorks合同会社です。

開発当初、私どもが考えていたのは頑丈で壊れにくいものでした。ところがご相談いただいた体重2kgに満たないヨーキーのシニア犬のお母さま。ドッグバンパーの現物サンプルを見て一言、

「装着して転んだりしたとき骨折しませんか?」

...と。太いフレームを見て不安になったのだと思います。頑丈過ぎるのも問題だと考えました。

衝突エネルギーを逃がし保護する重要性

卵パックや段ボールを例に説明します。

もし硬い鉄の箱の中に生卵を入れ衝撃を与えたら割れてしまうでしょう。また商品を梱包する段ボールは落下したとき角や陵がつぶれてしまいますが、クラッシャブルゾーンという空間を設けることで衝突エネルギーを吸収し中の商品を保護するのです。簡単に言うとAmazonの箱を想像して下さい。中の商品に比べて箱が大きく、箱の底面の大きさの台紙にラップでくるみ固定。箱がつぶれても商品は壊れません。

強度計算と実験

ドッグバンパーは衝突エネルギーを前方のリングで吸収し愛犬を保護します。

私どもは工業製品の機械工学専門技術者でした。強度計算と実験を繰り返し、頑丈過ぎないように考えました。壊れたら修理すればよいですよね?修理は何時でも承ります。ドッグバンパーが壊れなくても愛犬が大怪我をしてしまっては本末転倒ですから。

クランプルゾーン(英:Crumple zone)は、衝突時に潰れることでそのエネルギーを吸収し、や荷物、機械などを保護する働きを持つ空間や部分のことである Wikipediaより抜粋。

Follow me!

画像をアップロード

病気、ケガで視力を失うと

病気・老化、ケガなどで視力を失った犬のリスクは次の通りです。
● 頭部の外傷
● 散歩が減る事による体力・筋力の低下
● ストレスの蓄積
障害物に衝突し痛い思いを繰り返すと寝てばかりになってしまいます。※寝たきりにならない為にドッグバンパーをお試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)