採寸について

目が見えない犬の為のグッズ・ドッグバンパー首幅採寸に新しいツール、簡易ノギス登場!

簡易ノギスで2重チェック

より早くお届けするために

一番多い失敗は首幅寸法

採寸の失敗で1番多いのが首幅寸法です。

詳しくは 採寸が不安な方へ、ライブ採寸の効果! 参照下さい。

採寸具が戻ってきて、今まで採寸したデータから明らかにおかしな寸法ならば、確認をお願いすることがあります。

その場合、ドッグバンパーのお届けが遅れることがございます。

(データは、太めであるなど、固体差もあるので一概には言えませんが...)

確認作業を極力減らすために首幅寸法の2重チェックをお願いします。

簡易ノギス

簡易ノギスイメージ画像

一般のノギスは精密測定器なので高価ですが

それほどシビアに測る必要がないのと、市販のものはジョウ(クチバシ)の部分が短いので、ミニ曲尺を使い簡易ノギスを製作しました。

測り方

首幅採寸に新しいツール、簡易ノギス登場イメージ画像

1.簡易ノギスを広げ首幅に合わせて挟みます。

このとき隙間を空けず、クチバシを首にピッタリつけます。

クチバシが広がらないよう首から離します

2.クチバシが広がらないように首から離します。

広ろがらないようにするには、両手でクチバシを持つと押さえやすいです。

目盛りを読み取ります

3.目盛りを読み取ります。

赤印の直下が読取値です。

何回か繰り返し測り同じ値が出たらそれが正の値です。

データシートへご記入下さい。

-採寸について

© 2017 AtomicWorks合同会社