サイズについて、病後激やせした子の飼い主さまからのお問合せ!

サイズについて、病後激やせした子の飼い主様からのお問合せヘッダー画像
マッキールークさんによる写真ACからの写真

飼い主様のサイズについて、ご心配の件

葉山で目の見えない犬グッズ、ドッグバンパーを製作してますAtomicWorksです。

注文にあたりお客様より不安のお問合せをいただきました。同じ様なケースもあるかと思いますのでブログに掲載しておきます。

激やせした子を元に戻したい、現状より大きくなる不安

手術入院後、激やせしてしまい首も細くなってしまったMダックスちゃん。元々大きな子だったとのことで、これから食べさせ元のサイズに戻してあげたいということでした。(私も同じこと考えると思います。)ドッグバンパーを現状のサイズで作ってしまうと今後着けられなくなる心配がおありとのお問合せでした。

ドッグバンパーは完全オーダーメイドだから大丈夫です。

寸法が少々変わっても大丈夫、解決案
解決案

改造もできますが、費用をかけないように首幅を少し広めに作っておきクッションを2枚貼合せて使います。いずれ元の首の太さに戻ったらクッションを1枚に減らします。クッションの貼替えだけになるのでお手軽です。

このように何かご心配、不安がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

Follow me!

画像をアップロード

病気、ケガで視力を失うと

病気・老化、ケガなどで視力を失った犬のリスクは次の通りです。
● 頭部の外傷
● 散歩が減る事による体力・筋力の低下
● ストレスの蓄積
障害物に衝突し痛い思いを繰り返すと寝てばかりになってしまいます。※寝たきりにならない為にドッグバンパーをお試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)